2017年03月14日

2016年度第3回クラブ代表者会議を開催しました(2017/03/14)

20170217-01.jpg

横浜学童保育連絡協議会(奥山春樹会長)は2月17日(金),中区住吉町・横浜関内ホールで第3回クラブ代表者会議を開催しました。
今回のクラブ代表者会議(クラ代)は,署名活動を中心とした今年度を総括しながら次年度の活動方針を検討する位置づけの会議で,75クラブから保護者・指導員166名が出席し,活発な議論が展開されました。
20170217-02.jpg

会長挨拶に続き,堀事務局長より2016年度経過報告と発表されたばかりの横浜市次年度学童保育予算の概要の説明がありました。
基本補助は,今年度予算を延長させた内容で,加えて国が予算化した障がい児加算補助の枠組みの改善,防災対策の移転費用補助,および指導員の勤続年数や研修実績を考慮した賃金改善を反映されることになっています。
20170217-03.jpg

【結果の評価はどのように】
署名運動の総括の質疑応答の中で,この署名の結果をどのように評価するのか,採択のためにはどのように次年度につなげればよいのか…等々様々な意見が出されました。
「こども青少年局・教育委員会」常任委員会の審議の中で不採択となったものの,一時間に及ぶ議論が交わされ,これまで学童保育に関心を持つことのなかった会派からも一定の理解を示す意見が複数出されました。
それに対する当局の答弁などからも,学童保育事業として進めていくことが確認されたとして,請願を採択しなくとも施策が進むことが可能であるとして不採択となりました。
これらの経過も踏まえ,私たちの運動としては,各ブロックで議員懇談会の中で各会派の議員に訴えてきたことが着実に実っている,ということを参加者の皆さんと確認しました。

【これからも意見交流を】
今回の会議で提案された議題は全て承認されましたが,制限された時間の中で意見が出し尽くされなかった感もあります。
クラブ代表者会議の場に限らず,各区ブロックや,定例役員会,総会や保護者会長会議などでも広く皆さんの意見が寄せられることを期待しています。
posted by yokohama_gakudo at 18:01| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする